介護福祉士は介護の職業において、上位のスキルであることは間違いないのですが、さらに介護のプロフェッショナルとして活躍するためには、アセッサーになるという道もあります。このアセッサーというのは各施設において、職員の実践スキルを評価するという役割を担うことのできる資格です。

アセッサーの講習を受講して登録されることで、アセッサーを名乗ることができるようになります。アセッサーの講習を受講するためには、一定の条件がありいくつかの条件の内1つを満たせばOKということになっています。

一番手軽な条件としては、介護福祉士として3年以上の実務経験を積んでおり、さらに介護福祉士実習指導者講習会を受講したもの、という条件があります。通常介護の職に就いている方であれば、この条件が最も合致しやすいでしょう。